Event is FINISHED

・エコツミ・和風歌劇 新訳古事記 「 永遠に花びら 」

新訳古事記第17章 それは神代の時から繰り返される 姉と妹の哀しい争い
Description
ライブでもミュージカルでも芝居でも夜会でもない妖艶なる和風歌劇。
満を持して、新作。


■■■■■ [後半] 新訳古事記 第17章 コノハナサクヤヒメの段 ■■■■■

それは神代の時から繰り返される
姉と妹の哀しい争い

私とあなた ふたりでひとつ
光と影 愛と憎しみ 陰と陽
この世界から消えてほしい
一番大切な存在
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●●●●●●●●●●[前半] 新企画 妖怪遊戯 ●●●●●●●●●●

神々の戦いに、妖怪たちが加わる6年前。
物怪ノ里の住民たちは、戦いが始まることを知っていながら
気付かぬ振りをしていた。不安が大きくなればなるほど、
彼らは浮き世を離れ、没頭できるなにかを探した。
それは、ひとつの音楽となり、物怪ノ里を包みこんだという。
いつしか、ほかの村のものたちは、音を奏でるものたちのことをこう呼んだ。
妖怪遊戯 と・・・。

和風サイバーポップユニット「妖怪遊戯」はじめます!
妖怪行列あり、日舞ありの新企画。乞うご期待!!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

*新訳古事記シリーズは17回目ですが、一話完結の形をとっているため
今回が初めてのお客様でもご覧頂けます。
*古事記を読んだことがない方にも、大好きな方にも、オススメです!


◆ 出演者
・エコツミ・(歌)
吉田宏志(ピアノ)
小笠原一馬(パーカッション)
茶谷英司朗(語り)(OVERTONE)
田村直子 岡田ゆに 三宅美穂 黒留ショローズ(妖怪行列)

◆ 特別ゲスト
りえ(筝)

◆ スタッフ
[作・演出] ・エコツミ・ 
[照明] 谷川裕俊 
[音響] 渡邉 美紀 (東京労音R’sアートコート)
[音楽制作] 文太郎 
[衣装] 立山 功 
[メイク] 杉田智子 (earch)
[宣伝写真] 大町信也
[宣伝衣装] 有里企画
[宣伝メイク] ナルセマキ
[宣伝美術/オフィシャルロゴデザイン] 小熊ことり 
[制作] 益井宏次
[協力] キャスティングヴォート株式会社 mico* カワシマカツヤ 黒留NIGHT2014
[感謝] 愛すべき小鬼たち
[主催] 合同会社樂/東京労音 R’s アートコート


■着物をお召の方に素敵なプレゼントを予定しております。
■鉱石アクセサリーmico*が出店します。


[・エコツミ・ プロフィール]
日本の神話や民話をモチーフに、大胆なアレンジで“いま” を歌う新進気鋭のアーティスト。各地神社での奉納演奏や、離島・隠岐島の野外イベント、都庁展望台ライブ、證願寺プラネタリウムライブ、そしてイタリア・フィレンツェで開催された第一回日本映画祭オープニングアクトを経て、古事記をモチーフにしたエンターテイメントライブ「エコツミ劇場」を開催。現在、神話と民話を伝えるためのプロジェクト「とこじくの世界」案内人をつとめるかたわら、ボーカロイドコラボレーション企画「秘密結社黒巫女団」を結成。



[りえ プロフィール]
箏演奏家。
3歳より箏を浅井大美子氏に師事。ブルガリア政府招聘によるブルガリア公演、ロサンジェルス・リトルトウキョウ百年記念祭、外務省認定事業日本・カンボジア芸術文化祭など、数多くの海外公演を行っている。
現在はソロ活動の他、様々なジャンルの楽器とのセッション、レコーディングに参加。
生田流。筝曲千景の会。日本青年会議所人間力大賞外務大臣賞受賞。



Event Timeline
Sat Oct 18, 2014
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東新宿R's アートコート
Tickets
全席自由 ¥3,500
Venue Address
東京都新宿区大久保1-9-10 Japan
Organizer
・エコツミ・
40 Followers

EVENT SUPPORTER

  • このイベントの参加者全員に初回利用クーポン4,000円分プレゼント